人気ブログランキング |
カテゴリ:07月 青森( 5 )

2011年 08月 11日
青森 (下北半島)

写真を整理していたら・・・こんなのもありました。

c0196101_6473816.jpg
【夢の平成号】の親戚?【夢の海中号】が仏ヶ浦からでているそうです。

日にどれ位 出ているのかは分かりませんが
遊歩道+海中号コースは時間も料金も節約でき良いかも知れません。


c0196101_6481560.jpg
午前中の仏ヶ浦でお腹いっぱい!満足、満足。
後はぶらぶら適当に寄り道しながらレンタカーを返却するのみ。

橋の上から かわうち湖を眺め


c0196101_6483123.jpg
湖の近くでお昼(青森そば)をいただき


c0196101_6484451.jpg
そう言えば海入ってない~


c0196101_649078.jpg
途中の海で足だけ浸かり... あぁ、やっぱり【水】が好き!


c0196101_6492398.jpg
水の透明感や様々な条件で変化する色、どれだけ見ていても飽きません。
水を見ていると心が喜びます!水とは何か深い関わりがありそうです。(笑)


c0196101_6502664.jpg
こんな蛍光色のようなみどりって滅多に見ないかも?


c0196101_6505044.jpg
そうこうしているうちにあっという間に返却時間。
結局、時間は余らずフルにレンタカー活用しました。(^_^)v
下北駅そばのお店で車をお返しし岐路につきます。


c0196101_654966.jpg
下北駅から野辺地経由で三沢下車。
タクシーで三沢空港まで向かいます。


c0196101_6573586.jpg
ワタクシ電車大好きなんです。


c0196101_6513638.jpg
と言っても「てっちゃん」ではありません。(^▽^;)


c0196101_652366.jpg
電車に乗るのが好きなんです。・・・座るの前提で。(笑)
ローカル電車の旅は景色がゆっくり見れるから好き。
でも新幹線もカッコよくて速くて気持ちいいから好き。


c0196101_6554813.jpg
以外と乗り物オタクかも知れません。

最近していませんが、時間があればわざわざバスを乗り継いで
小さな発見しながらプチ旅気分を味わったり、
路線バスの旅もおもしろそうだなぁ~って思ったり。


c0196101_656331.jpg
けど、やっぱり、何より、【旅】が好きなんでしょうね。


【旅】は必ずメッセージ=気づきを与えてくれます。

自分に向かい合う時間が多くなるから
そうなるのかも知れません。

勇気・感謝・平和・愛・・・
たくさんの想いを使い 明日へ繋げてくれます。

だから終わりがないんでしょうね。


今回も殆ど下調べもないまま、感覚的な旅でしたが、
ちゃんと運ばれて楽しんで参りました。

viva 青森!!良い旅をありがとう。 【完】

by uricon | 2011-08-11 09:33 | 07月 青森
2011年 08月 10日
青森 (下北半島 仏ヶ浦)その2

翌朝、やっぱり仏ヶ浦が気になります...

仏ヶ浦にはフェリーで海から行くコースと、
仏ヶ浦パーキングを利用(無料)し 遊歩道を歩いて降りて行くコースがあります。

前日の後ろ髪といい、遊歩道といい、行かない訳がなかったのでしょう。


c0196101_8274286.jpg
どーでもいいんですけど 途中で発見!!うりうり。


c0196101_828840.jpg
山道くねくね走ってパーキングに到着です。
遊歩道に入る前にこんな看板が...ん~ちょっと怖くない?(^▽^;)


c0196101_8282867.jpg
遊歩道コースは普通に歩いて行き15分、帰り20分程度なのかな?
のろまなワタクシはもっとかかりますが。


c0196101_829195.jpg
来て良かった!と思える気持ちの良い遊歩道。

フェリーからの眺めはとてもオススメなので
やっぱり2コース試すべきですね!!


c0196101_845170.jpg
ところどころで海を見ながら気持ち良い道を歩きます。


c0196101_829423.jpg
仏ヶ浦に到着。
向こうに見えるのが昨日利用したフェリー乗降場。


c0196101_8302650.jpg
海の水の色があまりにも美しくて
その時間の殆どを水を見て過ごしました。


c0196101_8302949.jpg
ウニもいっぱいいました。
お味を連想し生唾ごっくん!なワタクシはなんて卑しいのでしょう。(笑)


c0196101_8305826.jpg
とにかく水が好きなんです。


c0196101_8311576.jpg
食べようと思ったけど、何故か食べられなかったアイス。


c0196101_8313312.jpg
どれもこれも自然に造られたもの。


c0196101_9193399.jpg
本当に不思議な岩だらけ。


c0196101_9182545.jpg
何か顔のようにも見えます。


c0196101_8322665.jpg
どこかで覚えた感覚・・・
あぁ、宮古島の大神島に行った時の感覚だ!ココから宮古島の記事へ



c0196101_832147.jpg
帰りの上り坂、足腰弱い人間にはそれなりにきつかったです。(;´▽``


帰ってから少し経って急に、
そう言えば仏ヶ浦ってなんだったんだろう?
と思い調べてみたのですが、

色々ありましたが自殺の名所とか神霊スポットとかもあり、
その中の一つの記事を・・・


1954年9月26日に津軽海峡で起こった洞爺丸事故。
台風の観測を誤ったことに起因する世界第三位の海難事故で、
洞爺丸だけで1155人、他の貨物船4隻の転覆を含めると
合計1430人の死者・行方不明者を出しだ事故である。
最大の被害を出した洞爺丸は、
北海道から1kmも離れていない海上で転覆したのだが、
なぜか仏ヶ浦には、他の沿岸を上回る数の水死体が打ち上げられたそうだ。
海流の関係なのか、死者の霊が浄土の入り口を目指したか。
ともあれ、津軽海峡を隔てたこの地に、
多くの水死者が集まったことは事実のようだ。

仏ヶ浦は恐山の奥の院。
あの世の入り口があるともいわれている場所だ。
恐山から見て浄土の方向、つまり真西に、
このような場所が自然に出来上がっていること自体が不自然で、
本当にあの世の入り口が開いているのではないか?
と考えざるを得ない場所だった。

そしてひとたび海が荒れると…
仏ヶ浦には土左衛門が流れ着くらしい。



う~ん、だから天国、極楽浄土的な気を感じたのかもしれません。
プラスでもマイナスでもないゼロのような場所。

こういう場所って紙一重、

気持ち悪いと思えばそう感じるだろうし
気持ち良いと思えばそう感じるのだろう。


そして前日 私が見た男の子・・・

何かしらの事故で亡くなって ココに辿り着いて
まだ亡くなった事を気づかぬまま 成仏できずに浮遊していたのかな。

などと勝手な解釈で納得しました。(-人-) 合掌

あ~なんだかスッキリしました。



でも、最後のページあります…(笑)

by uricon | 2011-08-10 09:39 | 07月 青森
2011年 08月 10日
青森 (下北半島 仏ヶ浦)

恐山から戻ったその足で向かうは仏ヶ浦。

日に数本のバス乗り継いでからではフェリーに間に合わない
移動が不便な場所ではやはりレンタカーですね。
すれ違う車もなく(笑) さくさくで間に合いました。


c0196101_7191325.jpg
脇野沢発のフェリーは日に2便(10:45と14:55)
14:55発の【夢の平成号】で仏ヶ浦に向かいます。


c0196101_7193164.jpg
客人は他にはカップル1組だけ。(^^ゞ

所要時間45分、仏ヶ浦での滞在時間は30分
16:55に再び脇野沢に戻るコースです。

料金 : 往復4,000円、片道3,800円
運行期間:4月15日~10月14日

※当日利用の方は運行確認の問い合わせ必須!のようです。(笑)


c0196101_7202932.jpg
途中にある 【焼山】 は真っ赤な焼けただれたような岩肌。


c0196101_721261.jpg
仏ヶ浦に到着です。


c0196101_722762.jpg
波に削られできた奇岩怪石は仏像仏具を思わせ
観光客と共に巡拝者も多く訪れるとの事。


c0196101_843910.jpg
『神のわざ鬼の手造り仏うた人の世ならぬ所なりけり』
ここを訪問した文人 大町佳月の歌。


c0196101_7223986.jpg
前日宿泊した宿のHPの観光案内で見つけ
あぁ、ここ絶対に行きたい!と思った場所。


c0196101_7225848.jpg
なんて言うのだろう、とても不思議な場所、
天国に近い場所、のような気を感じました。


c0196101_7231231.jpg
何か凄い所に来たような感じ?でも気持ち良い。
どこかで感じたこの感覚、あぁ、思い出せない...


c0196101_7232153.jpg
一体ココはなんなんだろう?
何も調べてこなかったのでより未知の場所。(笑)


c0196101_7233675.jpg
洞窟のような所に置かれた小さなお地蔵さんの後ろで
小さな男の子が元気に楽しそうに笑って奥に消えて行った。

誰なんだろう???


c0196101_7235325.jpg
あっというまの30分、もっと居たい!衝動に駆られたのだが
フェリーの時間あるので我慢。(/_;)


c0196101_7243459.jpg
後ろ髪引かれる思いでフェリーに乗りました。


c0196101_725143.jpg
この日の宿泊は何も決めていなかったので
フェリー乗り場の案内所で聞いた近所の民宿に宿泊。

こちらのおうちにお世話になりました。
周辺は民家しかない所で、宿泊施設はあまりなかったようです。(^_^;)


c0196101_725725.jpg
突然のお願いにも関わらずお夕食はこんな感じ~
お父さんが漁師と言うことでご自慢の食事をご用意いただきました!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

しめ鯖はお母さんご自慢の一皿、お代わりもOKです!
とても気の良いお母さんでした。ありがとうございます。



もう1回続きます・・・(笑)

by uricon | 2011-08-10 08:21 | 07月 青森
2011年 08月 02日
青森 (下北半島 恐山)その2

恐山の写真を少々。(ここは宇曽利湖)

c0196101_2422331.jpg


続きはこちら

by uricon | 2011-08-02 02:53 | 07月 青森
2011年 08月 02日
青森 (下北半島 恐山)

c0196101_23163385.jpg
先日 青森(下北半島)へ行って来ました。
なんとなく東北、なんとなく下北半島、なんとなく恐山...

いつもの上手く説明できない感覚かな。

続きあります~

by uricon | 2011-08-02 01:58 | 07月 青森