2010年 08月 19日
「乳がんの記録」入院〜手術まで


入院当日の夜、前日行った再検査の結果が出る。
先ずはお部屋で看護師から大まかな説明を受け、
18:30、担当医である中村清吾ドクターのお部屋にて詳細を聞く。

広範囲に亘った癌細胞の一部のみ良性だと判断された。
よくよく見れば離れ小島のような状態であるその部分、
そこを残せるのであれば温存手術が可能だと。

いやー嬉しくてたまりませんでしたね。
心の中ではしっかり決意してたけれど、
やっぱり残るとなれば素直に嬉しいものです。

後は転移がなければ、一先ず安心!
術後は放射線治療に6週間毎日通うだけ。
傷跡も殆ど分からなくなるほど綺麗になるでしょう、と。

ちなみにおっぱいは少々変形し、ボリュームは1/4程減るらしいが、
そんなんどーでもいいですわよっ!

早速、乳房再建予定だった為に予約を入れていた医院へ連絡。
おっぱい作る必要なくなりましたと… 、へ?みたいな状態でした。

8:40手術室へ向かい全身麻酔をかける。
次に気がついたのは回復室。
確か12:00頃だったのかな??覚えてない…

そのままお部屋に戻って眠りました。

リンパへの転移は無く、
傷は想像していた物とは別物!とても綺麗!
流石!中村ドクター!と思いました。勝手な解釈ですが…。

でも、痛いです。(笑)

脇とオッパイ2箇所切りました。
左のオッパイは今までに無いほど大きくなっています。(腫れて)
しかし気分はとっても良好〜!

気になっていた22日の厚木本番にも出られそうだし〜♪
早く帰って練習したいものです。
[PR]

by uricon | 2010-08-19 08:53 | 乳がんと再発防止治療


<< 「乳がんの記録」聖路加国際病院...      「乳がんの記録」手術終了 >>