2010年 08月 19日
「乳がんの記録」発見〜告知


2007年11月14日の日記から...


「乳癌」と書いて「にゅうがん」と読む
そのこころは?じゃないけれど…

どうやらワタクシ、乳癌に見初められたようです。

9月中旬、胸の谷間(なんて大それたものはないけれど)と言うか
付け根のところに軟骨みたいな丸いものを発見!なんじゃこりゃ?
1センチもなかったのかな?丸くて小さくてカワイイものがポツリ。

カワイイ軟骨は消える気配はなく、それどころか育っちゃってる?
気になってはいたのだが、どこからか軟骨が出てきたのだろう?
と勝手な解釈で過ごす事2ヶ月。
お医者さんに行くのが面倒だからと放置しておりました。


■11月4日

喘息発作時、急患で病院へ行った時に
ドクターと2人だけだったのでチャンスと思いドクターに聞くと、
触診したドクターから返ってきた言葉は

『軟骨なんかじゃありませんよ!これはどう見ても腫瘍ですよ!』
ワタクシのカルテには『乳癌の疑い』などと書かれてしまいました。

早速、乳腺外来への紹介状を頂き、明日にでも行ってらっしゃい、と。


■11月7日

紹介状を持って行って参りました。最寄りの駅のレディースクリニックへ。
まぁとにかく混んでる事、みなさん乳癌?とちょっと不安になったり…
(実際は違いましたけどね、乳癌検診の方がメインのようでした。)

要予約なのですが、急を要するらしくそそくさと検診してくれました。

問診→マンモグラフィー→問診→超音波検査。

良性or悪性の結果は出ませんでした。
場所が場所なだけに分かりにくいと言う事で、細胞検査へ。
細胞検査の結果は1週間待ち。(この時期って微妙なので嫌ですよね…)


ドクターの見解では、今までの例で見ると8割近く良性だと。
残り2割が悪性の可能性も有り得るが、1割程度と思っても良いでしょう、
しかし極々稀に、このようなタイプでも悪性の事もありますから。
とかなりの自信で良性を押してくれた。ちょっと嬉しかった!

しかし、残りの1割はなんだったんだろう?中性なのか?


■11月12日

そして1週間を待たずに5日目の夕方、
るんるん食事の支度をしているとドクターから電話が…

『検査の結果ですが、ほぼ悪性のようです。』
『へ?乳癌に決定ですか?』
『ハッキリとは言えませんが、8割はその様ですので、すぐにいらして下さい』

見事に極々稀の1割にヒットしてしまったようです。
お陰で塩を入れる筈の料理に砂糖を入れてしまい甘いおかずになってしまいました。

側で電話を聞いていた娘は突き放すように言いました。

『ママ、泣いてもいいよ。でもママは死なないから大丈夫だよ。』

お言葉に甘え素直に泣かせてもらいました。
エーンエーン言ってズルズル泣きました。

すっきりして夕食を食べましたが、
流石に缶チュー1本飲めませんでしたね。
食事も喉を通らないと言うのはこう言うことかと…、でも酒。


翌日はセレンデプティー&ビルワトラスのコンサートだった為
2日後の今日病院へ行くと、

ほぼ悪性なので急いで手術をしましょうとのお話。
日程も既に決まっていたのでありました。

検査結果後 2週間後に手術が出来ると言うのはもの凄く迅速なお話。
こちらのドクターが週に1度市民病院にて乳癌手術をやっている為、
執刀医本人であるからスケジュールの調整可能、成しえる業のようです。

ありがたや〜ありがたや〜

でも、切りたくないな…、メス入れたくないな…。

そんな思いと、もしかして違う見解もあるのだろうか?
と言う思いが交差した為、即決はしませんでした。
返事を1〜2日待って貰う事にしました。

知り合いに大学病院のドクターに顔が広い人間が居るので
ちょっと相談してみようかとも思った訳でございます。

いずにせよ切らなければならないようだけど、
ちょっとだけ往生際悪く、ちょっとだけ考えてみようかと。


そんな夜は酒を飲みません。今夜は禁酒です。
と言うのはウソで、忙しくて飲めないだけです。
一息ついたらシュパーッと飲んで唐揚げ食べたいです。


今後の展開は分かりませんが、
起きてしまった事を悔やんでも仕方ないですしね。

楽しく酒を飲んでいるワタクシだったり〜
美しい音色(サックスもクラも)を奏でちゃってるワタクシだったり!
いつになく美しくお品の良いレディーなワタクシだったり?

正しいセルフイメージを心がけて行きたいものです。えぇ。

今1番思うことは、早く、心置きなく存分に練習したいものです。


さて、おっぱいの写真を載せる訳にもゆかないので
本日のお写真はございませんなり。

長々とお付き合い下さり本当にありがとうござました。<(_ _)>
[PR]

by uricon | 2010-08-19 07:51 | 乳がんと再発防止治療


<< 「乳がんの記録」セカンドオピニオン      「乳がんの記録」をまとめようか... >>